BATH BEAUTY 浴室間美容

肌と語りあうことで始めるライフスタイルづくり

[浴室間美容]20MIN 38℃

浴空間美容とは

素の肌と向き合えるバスタイム それは肌と語り合う大切な時間

忙しい毎日の中で、素の肌と向き合えるバスタイム。それは、肌と語り合う大切な時間です。


浴室は、心身ともにリラックスできるだけでなく、室温、湿度ともに、エステルームそのもの。そんな好環境な時間と空間を活用して、肌の声に耳をかたむけてください。


カタレルでは、少しぬるめのお湯にじっくりつかる入浴法をおすすめしています。

毎日の肌コンディションを整えるために、ぜひあなたも実践してみてください。

お風呂あがりのケアでは遅い!?

乾燥肌は、浴室内からはじまっている!

入浴中の浴室内の湿度はほぼ100%となります。
それにもかかわらず、実は洗顔直後からすでに肌の乾燥は
はじまっていたのです。

それは洗顔をすると肌表面の皮脂が洗い流され、皮脂による肌コーティングがなくなり、素の肌がむき出しの状態になるから。
湿度がどんなに高い場所でも、肌コーティングがないと肌は乾燥するのです。

だから、からだや顔の汚れを洗い流したあと、“スキンケアの始まりはバスタイムから“がおすすめです。
できれば、化粧水よりもオイルにするべきでしょう。化粧水では、浴室内の湯気や顔に残った水分で流れてしまいます。オイルなら水に流れにくいので、ゆっくりと湯船につかりながら使用することが可能なのです。

PICK UP